So-net無料ブログ作成

制限行為能力者 [権利関係のポイント!]

考え方のポイント

法の精神を読み取ること!

★法律は常に弱者の味方
  どちらが弱いか考えればすぐに答えは出ますよね
  ただし、嘘つきは守る必要はありませんね。

制限行為能力者

●未成年者     同意のない契約はすべて取り消し出来ます。(無効ではない!)


●成年被後見人  同意を得ていても全て取り消せる      


●被保佐人     取り消せない(重大な契約だけ取り消せる) 




ポイント!ただし、行為能力者のふりをしてした契約は取り消せない。嘘つきは守る必要は無し


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。